2018群馬県支部総会報告

平成30年11月18日(日)午後3時~群馬県前橋市、前橋テルサにて、群馬県支部総会及び講演会、懇親会が行われ大学から小林達明園芸学研究科長、戸定会事務局から佐藤が参加しました。以下群馬支部事務局からの報告です。

出席者は支部会員15名で、今回は初の試みとして群馬県出身の在学生にも声掛けを行い、学部4年生と大学院2年生からそれぞれ1名ずつ参加があり、年齢は20代から80代でした。

懇親会では、世代を超えて松戸の地で学生時代を過ごした者同士、大変有意義な交流の場となりました。今回の活動を足掛かりに活気ある支部になればと思います。

○講演会の開催状況報告

本会会員で平成26年に園芸学科を卒業された松井郁人さん(県中部農業事務所普及指導課)を迎えて、「群馬県農業の普及現場で働いて」という演題で講演をいただきました。

講演の主な内容は、次のとおりです。

松井さんは、果樹の普及指導員として、西部地区で3年間、その後、異動し、中部地区での担当が2年目を迎えています。多彩な農産物で知られる群馬県農業ですが、果樹の生産額は3.6%(約94億円)(平成28年)です。品目としては、リンゴ、ナシ、ブドウの他、ミカンなどの常緑性果樹や熱帯性果樹も含めて多種多様な果樹が栽培されており、本県は「果樹王国」の側面をもっているとのことです。普及指導員として手掛ける仕事は、担い手育成、産地支援、環境に配慮した安全安心な農業の普及支援など幅が広いものとなっています。例として、渋川市のリンゴ産地支援の仕事の内容が紹介されていました。普及の現場では、生産者に寄り添うことの大切さ、情報を得ることの大切さ、優れた技術を確実に収入に結び付けていく難しさなどについても話がありました。

果樹を中心に学んできた同窓生から質疑などが活発に行われました。普段うかがい知れない農業の普及現場の状況を垣間見ることができる大変興味深い講演となりました。image1

2018長野県支部総会報告

平成30年11月11日(日)13:30~長野市のメトロポリタン長野にて支部総会及び講演会、懇親会が行われ、戸定会からは加藤一郎会長、長野県出身で学内副会長の小原均教授、事務局佐藤が参加してまいりました。参加者は県職員を中心に農業高校の教諭、果樹、野菜の生産者など30代から80代18名の方が参加されました。

総会では加藤会長から、学部と戸定会との取り組みや建設中の図書館アカデミック・リンク松戸について、小原先生からは大学の現状などお話頂き、西村さん、浅川さん2名の講演会も大変興味深い内容で高校の恩師と生徒との関係だったなど地域性を感じられるものでした。

浅川さんは若手のリーダーとして将来が期待されています。懇親会は大いに盛り上がり支部の皆様との交流の場として貴重な時間を過ごすことができました。

〇講演会講師、演題は下記のとおりです。

(1)「農業教育を考える」             西村 清利氏 昭54年3月園芸卒

長野県南安曇農業高校校長を退職

(2)「私の目指す農業経営」           浅川 拓郎氏 平16年3月生物卒

㈱あづみのうか浅川の代表として農業経営を実践

2018戸定祭報告

11月3日は松戸キャンパスのホームカミングデーが行われました。
ホームカミングデーは、本来は卒業生に御来校いただき、旧交を温めていただくとともに、新しい大学の姿をご覧いただき、在校時代にお世話になった地域の人々との交流などを図る機会です。
国立大学ではまだ十分に定着しているとはいいがたい催しですが、今年は戸定会としても、市民の皆さんや卒業生、さらには進学を考えている受験生などをお迎えしようという趣向で、キャンパスの近隣にお住まいの卒業生による戸定会サポートクラブ会員が学部教職員や実行委員とともに受付やおもてなしなどのお手伝いをしました。大学祭に伴うホームカミングデーで卒業生自らがおもてなしの側を行うのは、千葉大学全学部を通じて初めての試みです。
今年は、特に、学部と同窓会戸定会の共同で、「園芸サイエンスカフェ」と題して、コーヒーを飲みながら、4人の先生方の研究などのお話をしていただきました。
戸定会としてはホームカミングデーを充実していきたいと考えます。是非、来年の戸定会にはクラス会などを企画されて御来校ください。

戸定祭期間中、松戸アカデミック・リンク(図書館)の教育研究環境整備を目的として、受付や戸定ヶ丘ホール、洗心倶楽部に募金箱を設置し、ご来場の多くの市民の皆様からご協力をいただきました。2日間で合計51,290円の募金が集まり、千葉大学SEEDS基金へ寄附をし、加藤一郎戸定会会長より小林達明園芸学研究科長に目録を贈呈しました。

ホームカミングデー 2018

園芸サイエンスカフェ 千葉大学園芸学部と戸定会の共同企画です。

  • 開催日時:11月3日(土)午前の部10-12時、午後の部13-15時(予定)
  • 場所:洗心倶楽部・100周年記念戸定ヶ丘ホール
  • コーヒーを飲みながら、園芸学部教員とのトークが楽しめます
  • 出入り自由・参加費無料(希望者のみ別途コーヒー代)
  • 卒業生や一般の方も大歓迎ですHomeC2018

松戸アカデミック・リンク(図書館)整備に関するご寄附のお願い

千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部では、図書館とその周辺空間を整備しております。園芸学部の未来を象徴する景観を持った空間として整備される予定です。

大学院園芸学研究科・園芸学部が主催して、平成30 年度を重点期間とした募金事業を実施していますので,戸定会会員の皆様にもご案内いたします。詳しくはこちらまで。

 この寄附金は、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金、法人税上の全額損金算入を認められる指定寄附金として、認められています。

 

平成30年度 戸定会理事会総会

 

日・時 : 平成30年6月9日(土)午後1時

場  所 : 千葉大学園芸学部 100周年記念戸定ヶ丘ホール

司会進行:(松岡延浩 学内副会長)

  1.  開会の辞(賀来宏和 戸定会副会長)
  2. 戸定会会長挨拶(加藤一郎 戸定会会長)
  3. 戸定会名誉会長挨拶(小林達明 園芸学研究科研究科長)
  4. 議長選出・議事録署名人選出(松岡延浩 学内副会長)
  5. 議 事
    • 第1号議案 平成29年度 戸定会会務及び事業報告(大川克哉 庶務担当)
    •       平成29年度 戸定会会計決算報告(宍戸雅宏 会計担当)
    •       平成29年度  戸定会及び戸定学術振興会 会計監査報告(福岡秀実 監事)
    • 第2号議案 平成29年度 戸定学術振興会事業報告(天知誠吾 学術振興会学内副会長)
    •       平成29年度 戸定学術振興会会計報告(天知誠吾学術振興会学内副会長)
    • 第3号議案 平成30年度 戸定会会務及び事業計画(案)(木下 剛 庶務担当)
    •       平成30年度 戸定会会計予算(案)(礒田昭弘 会計担当)
    • 第4号議案 平成30年度 戸定学術振興会事業計画(案)(渡邉幸雄 学術振興会会長)
    •       平成30年度 戸定学術振興会会計予算(案)(渡邉幸雄 学術振興会会長)
    • 第5号議案 平成30年度 役員改選(案)(松岡延浩 学内副会長)
    • 第6号議案  松戸アカデミックリンク構想と戸定会の支援(小林研究科長、加藤会長)
  • 報 告
    • 6-1 学部連携委員会報告(高栖 敬 委員)
    • 6-2 支部活性化について(支部長会議報告)(野中英夫 栃木県支部長)
    • 6-3 共同研究の推進に関する教員プロフィールについて(天知誠吾 研究担当副研究科長)
    • 6-4 戸定会サポートチームの設置について(賀来宏和 戸定会副会長)
    • 6-5 戸定会ホームページの刷新とIT技術を活用した情報発信活動について(古谷勝則 広報担当)
    • 6-6 その他
  • 7.閉会の辞(賀来宏和 戸定会副会長)

スライドショーには JavaScript が必要です。

【日本初】戸定会・園芸学部・JA東西しらかわが連携協力に関する協定を締結

JA東西しらかわ(福島県)と国立大学法人千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部および「戸定会」は、「連携協力に関する協定」の締結式を2018年4月4日に行った。

『農協と国立大学法人が連携協定を締結するのは初めての「画期的」なことだという。また、産学連携を含めてこうした協定に大学OB会が加わるのも初めてのことだ。戸定会の加藤会長は、「千葉大園芸学部の多くのOBはさまざまな分野で活躍しており、そうした人たちの経験や知見、情報を得られることは大きな力になるのではないか」と、戸定会参加の意義を語っている。
野菜や果樹を生産する現場とそうした作物そのものや栽培方法などについて研究開発する千葉大学園芸学部、さらに同学を卒業し社会的に活躍するOBの連携が、具体的な成果をあげることに期待して、今後も大いに注目していきたい。』(出典,農業協同組合新聞電子版(2018年4月5日)

スライドショーには JavaScript が必要です。