福岡県支部長 濱岡 治

11月10日(日)福岡県支部の総会を開催しましたので報告します。

   今年度は筑後地方支部が担当となりましたが、当地方支部は実際に農業に携わっている会員が多いことから、福岡県支部としては初の試みとなる農園見学を企画しました。見学農園は「カラーリングファーム」楢原憲一(園経平15)、「金華園」二又朋則(生物平16)、「井上果樹園」井上永太郎(生管昭50)の3ヵ所です。いずれも独自の取り組みをしており、見学会終了後、井上果樹園にて総会及び懇親会(オーガニック野菜でバーベキュー)を行いました。また戸定会本部からも賀来副会長が出席していただきました。

JR久大線御井駅と西鉄甘木線北野駅のどちらかの駅に集合後、マイクロバスにて各農園を回りました。当日は福岡マラソンと重なり市の職員が駆り出されたため同市の会員が参加できなかったものの、自家用車で来た人も含め総勢19名が集まりました。心配された天気も晴天に恵まれ楽しい1日でした。参加費は懇親会がバーベキューだったこともありマイクロバス代も含め僅か3,000円でおさめることができました。

スケジュール

日時:11月10日(日)

集合時間、場所(どちらかの駅に各自集合)JR久大線 御井駅 10:27(JR久留米駅10:14発) 西鉄甘木線 北野駅 10:36(宮の陣10:24発)(マイクロバスにて御井駅から北野駅経由で現地に移動)

11:00~12:00 「カラーリングファーム」説明30分の後圃場見学     (バスにて移動)

12:30~13:30 「金華園」説明30分の後圃場見学     (バスにて移動)

14:00~15:00 「井上果樹園」説明30分の後果樹園見学

15:00~     同園にて総会・懇親会(バーベキュー)    (バスにて移動)筑後草野駅 17:52 発 JR久留米着 18:20

訪問農園の紹介

「カラーリングファーム」

㈱カラーリングファーム 代表取締役 楢原憲一(園経平15) 設立 平成23年4月

 

栽培圃場面積 ビニールハウス 2.3ha 露地野菜 1.5ha、従業員 20名(社員2名、技能実習生7名、パートスタッフ11名)

久留米市北野町はラディッシュの全国有数の産地であり、同社はそのラディッシュをメインにホウレンソウや水菜などを生産販売。最近は6次産業化としてラディッシュの酢漬けを商品化、普及を図っている。憲一氏は大学卒業後農業先進国オランダで1年間園芸農業を学び両親からのラディッシュ栽培を引き継ぐ。家族みんなで迎えていただき、お母さんが特別なお客さんしか出さないという栗の甘露煮は本当においしかったです。また帰りにラディッシュの酢漬けをお土産としていただきました。現在どこでも人手不足の中、近くにお住いのお母さん方(パートタイム)の他技能実習生もたくさん使っていることについて皆さん関心を持たれ多くの質問がありました。

「金華園」二又朋則(生物平16)

日本3大植木生産地田主丸にて祖父の代から続く植木屋で朋則氏は3代目

生産樹木はカイズカイブキを主体にオリーブ、サルスベリ、ラカンマキ、サザンカ等、圃場 2.7ha (ポット圃場 1.5ha、露地栽培 1.3ha)、二又氏は大学3年の時ワーキングホリデーでニュージーランドに、また卒業後も英国で2年間園芸を学んでいます。圃場見学では栽培の工夫(挿し木床フォグ室、ポット圃場)についての説明を受けた他、新しい取り組みであるウエキサイトや大鉢栽培についての話も伺いました。

「井上果樹園」井上永太郎(生管昭50)

今回担当の筑後地方支部長の果樹園です。2年前のアクロス福岡での総会で講演された土づくりの大切さを、今回現地で見させていただきました。減農薬栽培で除草剤を使わず一面草の草生栽培です。好熱菌発酵の有機資材を使用しています。耳納連山の麓にある奥さんと二人三脚で営む柿主体の果樹園です。マンゴーのような味わいの「こいひめ」は彼が名づけました。

 

同園での見学が終わった後、引き続き総会を行い賀来副会長のお話や会計監査報告があり、最後はお楽しみのバーベキュー。奥さんが朝早くから我々のためにせっせと準備をしてくれました。青空のもと、黄色いプラスチックの箱に腰掛けわいわいがやがや、こういう懇親会もいいですね。もちろん柿も食べたし、お土産でも頂きました。

平成30年11月18日(日)午後3時~群馬県前橋市、前橋テルサにて、群馬県支部総会及び講演会、懇親会が行われ大学から小林達明園芸学研究科長、戸定会事務局から佐藤が参加しました。以下群馬支部事務局からの報告です。

出席者は支部会員15名で、今回は初の試みとして群馬県出身の在学生にも声掛けを行い、学部4年生と大学院2年生からそれぞれ1名ずつ参加があり、年齢は20代から80代でした。

懇親会では、世代を超えて松戸の地で学生時代を過ごした者同士、大変有意義な交流の場となりました。今回の活動を足掛かりに活気ある支部になればと思います。

○講演会の開催状況報告

本会会員で平成26年に園芸学科を卒業された松井郁人さん(県中部農業事務所普及指導課)を迎えて、「群馬県農業の普及現場で働いて」という演題で講演をいただきました。

講演の主な内容は、次のとおりです。

松井さんは、果樹の普及指導員として、西部地区で3年間、その後、異動し、中部地区での担当が2年目を迎えています。多彩な農産物で知られる群馬県農業ですが、果樹の生産額は3.6%(約94億円)(平成28年)です。品目としては、リンゴ、ナシ、ブドウの他、ミカンなどの常緑性果樹や熱帯性果樹も含めて多種多様な果樹が栽培されており、本県は「果樹王国」の側面をもっているとのことです。普及指導員として手掛ける仕事は、担い手育成、産地支援、環境に配慮した安全安心な農業の普及支援など幅が広いものとなっています。例として、渋川市のリンゴ産地支援の仕事の内容が紹介されていました。普及の現場では、生産者に寄り添うことの大切さ、情報を得ることの大切さ、優れた技術を確実に収入に結び付けていく難しさなどについても話がありました。

果樹を中心に学んできた同窓生から質疑などが活発に行われました。普段うかがい知れない農業の普及現場の状況を垣間見ることができる大変興味深い講演となりました。image1

平成30年11月11日(日)13:30~長野市のメトロポリタン長野にて支部総会及び講演会、懇親会が行われ、戸定会からは加藤一郎会長、長野県出身で学内副会長の小原均教授、事務局佐藤が参加してまいりました。参加者は県職員を中心に農業高校の教諭、果樹、野菜の生産者など30代から80代18名の方が参加されました。

総会では加藤会長から、学部と戸定会との取り組みや建設中の図書館アカデミック・リンク松戸について、小原先生からは大学の現状などお話頂き、西村さん、浅川さん2名の講演会も大変興味深い内容で高校の恩師と生徒との関係だったなど地域性を感じられるものでした。

浅川さんは若手のリーダーとして将来が期待されています。懇親会は大いに盛り上がり支部の皆様との交流の場として貴重な時間を過ごすことができました。

〇講演会講師、演題は下記のとおりです。

(1)「農業教育を考える」             西村 清利氏 昭54年3月園芸卒

長野県南安曇農業高校校長を退職

(2)「私の目指す農業経営」           浅川 拓郎氏 平16年3月生物卒

㈱あづみのうか浅川の代表として農業経営を実践

11月3日は松戸キャンパスのホームカミングデーが行われました。
ホームカミングデーは、本来は卒業生に御来校いただき、旧交を温めていただくとともに、新しい大学の姿をご覧いただき、在校時代にお世話になった地域の人々との交流などを図る機会です。
国立大学ではまだ十分に定着しているとはいいがたい催しですが、今年は戸定会としても、市民の皆さんや卒業生、さらには進学を考えている受験生などをお迎えしようという趣向で、キャンパスの近隣にお住まいの卒業生による戸定会サポートクラブ会員が学部教職員や実行委員とともに受付やおもてなしなどのお手伝いをしました。大学祭に伴うホームカミングデーで卒業生自らがおもてなしの側を行うのは、千葉大学全学部を通じて初めての試みです。
今年は、特に、学部と同窓会戸定会の共同で、「園芸サイエンスカフェ」と題して、コーヒーを飲みながら、4人の先生方の研究などのお話をしていただきました。
戸定会としてはホームカミングデーを充実していきたいと考えます。是非、来年の戸定会にはクラス会などを企画されて御来校ください。

戸定祭期間中、松戸アカデミック・リンク(図書館)の教育研究環境整備を目的として、受付や戸定ヶ丘ホール、洗心倶楽部に募金箱を設置し、ご来場の多くの市民の皆様からご協力をいただきました。2日間で合計51,290円の募金が集まり、千葉大学SEEDS基金へ寄附をし、加藤一郎戸定会会長より小林達明園芸学研究科長に目録を贈呈しました。

園芸サイエンスカフェ 千葉大学園芸学部と戸定会の共同企画です。

  • 開催日時:11月3日(土)午前の部10-12時、午後の部13-15時(予定)
  • 場所:洗心倶楽部・100周年記念戸定ヶ丘ホール
  • コーヒーを飲みながら、園芸学部教員とのトークが楽しめます
  • 出入り自由・参加費無料(希望者のみ別途コーヒー代)
  • 卒業生や一般の方も大歓迎ですHomeC2018

千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部では、図書館とその周辺空間を整備しております。園芸学部の未来を象徴する景観を持った空間として整備される予定です。

大学院園芸学研究科・園芸学部が主催して、平成30 年度を重点期間とした募金事業を実施していますので,戸定会会員の皆様にもご案内いたします。詳しくはこちらまで。

 この寄附金は、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金、法人税上の全額損金算入を認められる指定寄附金として、認められています。

 

 

日・時 : 平成30年6月9日(土)午後1時

場  所 : 千葉大学園芸学部 100周年記念戸定ヶ丘ホール

司会進行:(松岡延浩 学内副会長)

  1.  開会の辞(賀来宏和 戸定会副会長)
  2. 戸定会会長挨拶(加藤一郎 戸定会会長)
  3. 戸定会名誉会長挨拶(小林達明 園芸学研究科研究科長)
  4. 議長選出・議事録署名人選出(松岡延浩 学内副会長)
  5. 議 事
    • 第1号議案 平成29年度 戸定会会務及び事業報告(大川克哉 庶務担当)
    •       平成29年度 戸定会会計決算報告(宍戸雅宏 会計担当)
    •       平成29年度  戸定会及び戸定学術振興会 会計監査報告(福岡秀実 監事)
    • 第2号議案 平成29年度 戸定学術振興会事業報告(天知誠吾 学術振興会学内副会長)
    •       平成29年度 戸定学術振興会会計報告(天知誠吾学術振興会学内副会長)
    • 第3号議案 平成30年度 戸定会会務及び事業計画(案)(木下 剛 庶務担当)
    •       平成30年度 戸定会会計予算(案)(礒田昭弘 会計担当)
    • 第4号議案 平成30年度 戸定学術振興会事業計画(案)(渡邉幸雄 学術振興会会長)
    •       平成30年度 戸定学術振興会会計予算(案)(渡邉幸雄 学術振興会会長)
    • 第5号議案 平成30年度 役員改選(案)(松岡延浩 学内副会長)
    • 第6号議案  松戸アカデミックリンク構想と戸定会の支援(小林研究科長、加藤会長)
  • 報 告
    • 6-1 学部連携委員会報告(高栖 敬 委員)
    • 6-2 支部活性化について(支部長会議報告)(野中英夫 栃木県支部長)
    • 6-3 共同研究の推進に関する教員プロフィールについて(天知誠吾 研究担当副研究科長)
    • 6-4 戸定会サポートチームの設置について(賀来宏和 戸定会副会長)
    • 6-5 戸定会ホームページの刷新とIT技術を活用した情報発信活動について(古谷勝則 広報担当)
    • 6-6 その他
  • 7.閉会の辞(賀来宏和 戸定会副会長)

スライドショーには JavaScript が必要です。

JA東西しらかわ(福島県)と国立大学法人千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部および「戸定会」は、「連携協力に関する協定」の締結式を2018年4月4日に行った。

『農協と国立大学法人が連携協定を締結するのは初めての「画期的」なことだという。また、産学連携を含めてこうした協定に大学OB会が加わるのも初めてのことだ。戸定会の加藤会長は、「千葉大園芸学部の多くのOBはさまざまな分野で活躍しており、そうした人たちの経験や知見、情報を得られることは大きな力になるのではないか」と、戸定会参加の意義を語っている。
野菜や果樹を生産する現場とそうした作物そのものや栽培方法などについて研究開発する千葉大学園芸学部、さらに同学を卒業し社会的に活躍するOBの連携が、具体的な成果をあげることに期待して、今後も大いに注目していきたい。』(出典,農業協同組合新聞電子版(2018年4月5日)

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年度戸定会福岡県支部総会のご案内
他県からのオブザーバー参加大歓迎!

                            福岡県支部長 濱岡治

戸定会福岡県支部は下記のとおり総会及び講演会を行いますので、お忙しい時期とは思いますがぜひご参加ください。

平成29年度戸定会福岡県支部総会・講演会

日時  122日(土)1320~16時40分(13時~17時)

場所  アクロス福岡 2F セミナー室1

懇親会 170019:00 博多魚かし海の道 天神店

会費  5,000(総会・講演会のみ出席者は500円)

【スケジュール】

13:00 開場 (受付開始)

13:20 開会 支部長挨拶

(講演会)

13:30 造園行政及び造園業界の現状と課題 福岡市役所宮本課長、長谷川造園社長

14:10 私の果樹栽培の現状と今後の課題 井上永太郎(生管昭50)井上永太郎果樹園

14:40 野菜栽培の新しい試みと農家指導 上野公一(別昭61)上野園芸社

(休憩)

15:20 お客様の生活シーンにあった胡蝶蘭の提供 日高輝富(園昭57)日高農園

15:50 特別講演 千葉大学園芸学部の現状と課題 賀来宏和(造院54)戸定会副会長

(支部総会)

16:20 現役員紹介、活動報告、戸定会理事会出席報告、会計報告及び会計監査報告、

新役員選出、次年度以降の活動方針等

16:40 閉会

(移動)

17:00 懇親会 博多魚かし海の道 天神店

20:00 解散

他県からオブザーバー参加を希望される方は、濱岡までご連絡ください。詳しいご案内をお送りします。連絡先 090-4951-9990