令和元年度群馬県支部講演会総会報告

 令和元年度千葉大学園芸学部同窓会

戸定会 群馬県支部 講演会及び総会の概要

日時:令和元年11月24日 15時から                     

場所:前橋市 前橋テルサ

群馬県支部出席者:20名 

上記総会に櫻井先生と齋藤京子が出席しましたので、概要を報告します。

 

【プログラム】

15:00~ 講演会  松原 紀嘉 先生(松原園芸)

    「大学助教から農家へ変身! ~花卉農家だからできる新しい取り組み~」

   平成20年3月千葉大学自然科学研究科修了 博士(農学)取得、20年4月~25年4月 千葉大学環境健康フィールドセンター助教、25年6月より松原園芸に就農

妻はインテリアコーディネーター、子供2人。

パンジー、マーガレット、オステオスペルマム、カリブラコア、イネなど次々と新品種を開発。SNS、ブログ活用し、新たな販路の構築と他企業とのコラボ商品企画を進めている。例:サカタのタネの通販限定商品のパンジーを企画販売し、高価格帯を維持。タキイの情報誌に2年間執筆し、自社商品をPR。

農学博士・助教の知見、専門性を活かした商品開発と経営改革、直販などにより、就農後、対前年15%の売上高アップを継続中。

   大学助教から若手農業経営者となった松原氏は、理論に裏付けられた少量多品目の商品開発と経営革新を実践することで経営発展しており、大変刺激的な講演であった。

 

 

16:00~総会

1 開会 

2 挨拶

白石支部長挨拶

支部長を務めて2年たった。松原さんの講演はすばらしい元気の出る話だ。

昨年、小林学科長にお越しいただき、その際に、同窓会を活発に機能するようにしてほしいといわれた。今回は、H31卒の会員が3人出席しており、若い人の出席が増えてきており、うれしい。交流しながら活発な支部同窓会にしていきたい。

その後、議長選出し、議事に入った。

3 議事

 

  • 事業報告 酒井幹事長

群馬県支部の活動の報告のほか、戸定会総会の報告があった。アカデミックリンクの寄付の状況、支部活動活性化に向けた支部長会議の報告など。

ユニークなのが、女性支部会を3月17日に開催。

  • 会計報告 小倉会計担当から報告

 

  • 令和元年度の計画について

総会出席、事務局会議、講演会、総会

 

  • その他

役員改選。令和元年度から2年度 全員再任。

 

4 戸定会本部講和

  • 大学の近況 櫻井先生 大学の現況がよくわかる内容でした。
  • 戸定会の近況 齋藤  アカデミックリンクへの寄付の御礼、戸定祭の様子、戸定会HPに支部活動の情報を提供依頼、支部活動は卒業生のタテのつながり、ヨコのつながりの学年幹事の登録を進めていることなど。

 

5 閉会

6 懇親会

 

【感想】

 出席者が、若手や現職の方がかなり多く、活気のある集まりでした。

H31卒の3人は、昨年度4年生の時に支部総会に出席していた学生であり、その後、群馬県庁に2名、金子種苗に1名入社。学生のうちから支部の集まりに誘うことが良いと思いました。

20名の出席者のうち、女性が3名あり、女性支部会も開催しており、支部活動への女性の参加を増やしていく試みが参考になると思います。

懇親会はテーブル席の洋食のためか、席に固定して食事していることから、席を離れて自由な会員同士の交流の場にするのはやや難しい面があった気がします。

松原氏の講演は、元気の出る内容で今後が楽しみです。

 

以上、概要を報告します。